九州大学病院 睡眠時無呼吸センター

ご予約お問い合せ 電話番号0926425988

治療方針

 まず、初診時に病歴をお聞きするとともに、のどの状況等を見せていただきます。その後は原則としては、まず外来(ご自宅)で試行できる検査を行います。翌週以降にその結果を見てある程度以上の重症または特殊な疾患が疑われるような患者様には、一泊入院して検査を行います。その結果を見て、最も適当な治療法を他診療科等と協力しながら選択いたします。

診療について

問診・アンケート

医師による問診を行います。お悩みの症状や現在の睡眠状態などをお聞かせ下さい。

簡易睡眠検査(簡易PSG検査・パルスオキシメーター)

問診により睡眠時無呼吸症候群が疑われる患者様へは、ご自宅で行える簡易型の検査機器をお渡しします。検査機器を一晩装着していただき、睡眠中の心拍数、血中酸素飽和度などを測定します。

入院検査(終夜睡眠ポリグラフィー検査)

簡易睡眠検査により睡眠時無呼吸症候群が強く疑われる場合、より詳細な睡眠の状態を調べるために、 一泊二日の入院検査(終夜睡眠ポリグラフィー検査)を行います。

  • 終夜睡眠ポリグラフィー検査は、睡眠中の脳波、筋電図、呼吸フロー、心電図などにより、より詳細な睡眠の状態や睡眠中の身体機能を測定することができます。
  • 入院検査は、検査当日18:00~検査翌日7:00までとなりますので、当日もしくは翌日に予定のある方でも気軽に受けることができます。

主な治療法

●CPAP治療(持続陽圧呼吸装置)
治療の有効性・安全性から、現在、最も一般的に行われている治療法です。空気で圧力をかけて喉を開くことで、空気の通りを改善する機器です。特殊なマスクと機器を使用します。
※ 原則、月に一回の定期受診が必ず必要となります。
●口腔内装具(マウスピース)
下あごが後方へ落込んでいる方の場合、マウスピース装着によって下顎を前に突き出した状態で固定して、 上を向いて寝ている際に下顎が喉の方に移動して気道をふさがないようにするものです。
●耳鼻科的治療
適応のある患者様では、口蓋垂軟口蓋咽頭形成術という喉の奥の手術や、アデノイド・扁桃・鼻の手術を行うこともあります。
●横向き就寝の推進
軽症の場合、横を向いて寝たりするだけで、かなり改善する患者様もいらっしゃいます。
●ダイエット
肥満症の場合、体重減少が基本です。10㎏の減少でかなりの改善が期待できます。
●その他
SASが肥満に関連することもあり、他の生活習慣病や精神神経的疾患を合併されている患者様もみられます。こうした患者様では、院内紹介にて対応させていただきます。

治療法チャート

PAGE TOP